広義と狭義のプロパーカードの違いについて詳しく解説します。

国際ブランドについて-プロパーカードと提携カードの違い

クレジットカードには複数のカードブランドがあり、以下のものを7大国際ブランドと言われています。

 

様々な種類のクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナース
  • アメリカン・エキスプレス(AMEX)
  • 銀聯
  • ディスカバー

 

 

国内で人気が高いのはVISAMasterCardJCBの3社で、ダイナーズアメリカン・エクスプレスも国内にコアなファンがいて、加盟店が多いです。

 

国際ブランドは加盟店と契約を結んで決済を行うためのシステムです。
たとえば中国の大手国際ブランドの銀聯は中国では利用できる店舗が多いですが、日本は加盟店が少ないです。
マイナーなカード会社でも、VISAなど定番のカードブランドであれば、大手カード会社と同様のお店で決済できます。

 

カード会社によっては、複数のカードブランドを扱っていて申込時に選択できる場合もあります。
新規でクレジットカード業界に参入したり、新しいタイプのクレジットカードを発行するときも、国際ブランドを利用することによって、加盟店とカード会社が直接契約することなく、後払い決済を活用できるようになります。

 

 

プロパーカードと提携カード

プロパーカードは厳密なプロパーカード広義のプロパーカードの2種類があります。
広義のプロパーカードにも分類されず、カード会社と提携してカード発行している所は「提携カード」と呼びます。

 

 

厳密なプロパーカード

7大国際ブランドの中でも2強で世界中に加盟店を持つVISAとMasterCardは国際ブランドのライセンス発行のみを行い、カード発行を行っていません。
厳密なプロパーカードは、国際ブランドのライセンス発行とカード発行の両方を自社で行っているカードです。
国内で流通しているのはJCB、ダイナーズ、アメリカン・エクスプレスの3社のみです。

 

厳密なプロパーカードは全てを自社で完結しているので中間マージンがかかりません。
ある意味もっとも効率が良くて理論上は優れたサービスを提供できるのですが、提携カードより明らかに条件が良くなると提携先がいなくなってしまいます。

 

国際ブランドは多くのカード会社に使ってもらって加盟店を広げることで成長していくサービスです。
厳密なプロパーカードは年会費を徴収するカードが多く、一般カードのスペックは平均か若干下回る内容です。
ブラックやプラチナなど上位カードではプロパーカードの強みを活かして利用限度額を無制限にするなど、提携カードでは真似のできないハイスペックカードを持っています。

 

 

広義のプロパーカード

広義のプロパーカードは、国際ブランドは自社ではないけど、カード発行を自社で行っています。
国内の有名どころでは、楽天、三井住友、セディナ、ビュー、イオン、セゾンなどがあります。
国際ブランドに一定のライセンス料を払っていますが、その他の業務は全て自社で行っています。
利用者がカードを使うほど利益が上がるため、基本ポイントを高くするなど総合力の高いカードが多いです。

 

 

提携カード

提携カードは自社でカード発行や立て替え業務を行わず、プロパーカードと提携してカード発行しているタイプです。
代表事例をご覧ください。

 

ビュー・スイカカード 広義のプロパーカード
ビックカメラ・Suicaカード 提携カード(ビッグカメラがビューカードと提携)
セゾンカードインターナショナル 広義のプロパーカード
多数の提携カードを用意 パルコカード、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレスR・カード、みずほマイレージクラブカードセゾン、タカシマヤセゾンカードなど

 

提携カードは決済手数料による直接利益の出ないですが、カード発行会社と提携して、発行による手数料収入を得たり、自社で決済した手数料の割引を受けています。
そのため、自社関連のサービスでポイント付帯率を優遇する特典を付けて、他社のカードではなく自社のカードを使ってもらうことを目的にしています。

 

 

まとめ

クレジットカードは国際ブランドの種類によってカード決済できるお店やサービスが変わります。
クレジットカードと国産ブランド、発行有無の関係を分類すると、厳密なプロパーカード、広義のプロパーカード(カード発行会社)、提携カードの3種類があります。
以下の特徴だけ覚えておけば、カード選びで失敗しにくくなります。

 

厳密なプロパーカード 付帯サービスが充実、ハイスペックカードを用意、年会費は高め
広義のプロパーカード 幅広い決済に強い、全体的に付帯サービスが充実している
提携カード 自社サービスの決済に強い、自社サービス関連の優待に強い