警察に被害届を提出するなどクレジット会社の指示に従えば、不正請求が無効になる場合が多いです。

もしも不正使用されてしまったら

 

クレジットカード会社からの請求に見に覚えの無い金額の請求が来てしまったら、どうしていいかわからなくなってしまいそうですよね。
自分で使ったわけではないのなら、他の誰かが自分のカードを不正に使用したことが原因です。不正利用に気がついたときに早急に対処することが必要です。

 

カード会社に連絡する

不正利用に気付いたときにまず始めに行うことはクレジットカード会社に電話連絡をし詳細を伝えることです。
電話連絡を受けたクレジットカード会社は、不正使用の状況を調べてくれます。
不正利用利用がきちんと確認された時点で、こちらが警察に被害届を提出するなどクレジット会社からの指示に従えば、その不正請求を無効にしてくれる場合がほとんどです。

 

しかし、身内の不正利用や、被害状況に虚偽があった場合や、暗証番号が生年月日など安易に推測できるものだった場合などは保証されない場合があります。

 

不正使用はクレジット会社でも自動検知される

自分が不正使用に気付いていない状態でも、クレジット会社から不正使用があったという連絡が来ることがあります。
クレジット会社では使用者のカードの使い方をある程度パターン化して把握しているのです。

 

そのため、急激な購入履歴など、使用者のパターンから外れるような使用があると、カード会社のほうでカードを一時的にストップし、不正使用かどうかの連絡がくることがあります。
そのときに自分で購入していない旨を伝えれば、決済無効などの処理をしてくれます。

 

不正使用されたカードはどうなる?

不正使用されたカードは二度と使用することができません。そのかわり、カード番号が新しいカードが再度発行され郵送されてきます。

 

不正使用をされないために

最近は利用明細をWEBのみで確認するタイプが多くなっており、その場合利用明細がメールで送られてくるようになっています。
ただし、メールの内容をきちんと確認しない利用者が多くいるので、WEBでの明細確認になっている方は毎回きちんと内容を確認するようにしましょう。
不正利用に気付くのが遅くなると、保証がされない場合もあります。