発覚した場合はクレジットカードが利用停止になったり、支払いを一括で請求されることもあります。

クレジットカード現金化について

 

クレジットカード現金化は、業者が指定したものをクレジットカードのリボ払いやキャッシングなどで購入してその業者で購入金額より低い金額を現金で買い取ってもらう、ということです。
一見、まともそうな内容に見えますが、実は違法性があったり、詐欺被害にあったりなど大変危険な行為です。
絶対に手を出すのはやめましょう。

 

違法性について

法律上で言えば、クレジットカードの現金化という行為は違法ではありません。
クレジットカード現金化の看板を掲げている業者のほとんどが法の網目を巧妙にかいくぐり、自分たちが捕まらないような方法でいかにうまく稼ぐかを考えているからです。

 

しかし、クレジットカードの規約には違反することになりますので、発覚した場合はクレジットカードが利用停止になり使用できなくなる恐れや、キャッシングやローンの支払いを一括で請求されたりすることもあります。

 

国自体もこういった現金化を阻止するべく、新たな法律を準備するべく行動を起こしています。

 

悪徳業者を回避する

クレジットカード現金化をしている業者のほとんどが悪徳業者の部類です。

 

商品だけクレジットカードで買わせておいて現金を渡さなかったり、渡された現金が少額であったり、交渉を拒否するとキャンセル料を要求してきたり、自分の情報が他の悪徳業者に流されたりなど、かなりのリスクを負うこともあります。
また、犯罪やトラブル巻き込まれるリスクも考えられます。

 

どうしても現金が必要なときは、クレジットカード現金化に手を出す前にまず周りの人に相談するなど別の方法をとりましょう。
軽い気持ちでクレジット現金化に手を出して抜け出せなくなってしまうと最終的にクレジットカードの債務を増やしてしまうなど、自分が不利な状況になってしまうことが考えられます。