公共料金や税金をクレジットカードで支払うのは基本的にメリットしかありません。

公共料金や税金とクレジットカード

昔は電気やガス、水道代は集金するというシステムが取られていました。
しかし現代ではクレジットカードでの自動引き落としが主流になっています。

 

税金についても同様です。
少し前までは口座振替が利用されていました。
こちらもクレジットカードで引き落とされるようにできるため、非常に便利になっています。

 

クレジットカードで支払うのは、支払う側も受け取る側も大きなメリットがある

まず支払う側のメリットですが、クレジットカードのポイントが溜まると言う点です。
現金で払うよりも確実にお得です。
他にもクレジットカードでは自動で引き落とされるので、お金さえ入って居れば払い忘れる心配がありません。
昔は料金の払い忘れによりガスや水道が止まると言った問題もあったようですが
現代ではそのような心配はほぼ無いでしょう。

 

一方、料金を受け取る側も集金の手間が省ける上に、徴収漏れも回避できるため
クレジットカードは双方にメリットを生む素晴らしいものと言えます。

 

水道

 

公共料金や税金は積極的にクレジットカードで支払いましょう。どんどんポイントが溜まっていきますし、払い忘れも無くなります。

ポイント活用法

 

カードの明細を家計簿に活用するのも良いでしょう。

 

今では都会や地方の関係なく、公共料金や税金はクレジットカードの支払いに対応しています。
まだ現金で支払いをしているならこれを機会に支払い方法を変えるのをおすすめします。

 

1点注意が必要なのが、クレジットカードが有効ではなくなった場合です。

カードの有効期限が切れてしまった場合は引き落としができないため、
事前にしっかりと対策しておくようにしましょう。

 

紛失や盗難も同様です。
再発行したりカードの利用停止を申請したりした場合も注意が必要です。
とは言え滅多に起こらないことではあるので、毎月警戒することはありません。

 

公共料金も税金も忘れずに支払うものです。
自動で処理されるようにクレジットカードを設定しておく方が便利でしょう。
昔に比べてとても便利になった世の中に感謝です。