ポイント還元率がお得なクレジットカードで買い物をするのが、ポイントをうまく活用する方法です。

馬鹿にならないポイントの活用法

クレジットカードで買い物すると、金額に応じてポイントを貰えます。

 

例えば、買い物で100円使用するごとに1ポイントと言った具合です。

 

このポイントが貰えるシステムを知っている人は多いでしょう。
肝心なのは、このポイントで何ができるのか、何を貰えるのかをしっかり把握することです。

 

ポイントを活用するには貯める必要がありますが
それ以上に重要で大切なのが貯めたポイントをどう使えるのか、という部分です。
実際に何ができるのかを意識していない人はすぐに調べてみましょう。

 

ポイントをたくさん貯めたのに欲しい商品が無い、あまり活用できない、そんな損をしないためにも
何を得られるのかを見極める必要があるのです。

 

仮に毎月5万円をクレジットカードで支払うと仮定します。
電気代や水道代、保険や家賃などをクレジットカードで支払えば5万円は突破するでしょう。100円ごとに1ポイント溜まるのであれば、毎月500ポイントが手に入る計算になります。年間では6000ポイントとなるのです。
クレジットカードを使わないと6000ポイント分を損してしまうことになります。

 

さらにここで抑えておきたい情報として、クレジットカードの会社ごとに貰えるポイントが違うと言う事実です。

 

100円使うごとに1ポイントもらえるカードと、100円ごとに2ポイントもらえるカードがあったなら2ポイントもらえるカードの方が2倍もお得なのです。

 

この貰えるポイントをクレジットカードの還元率と言います。

 

還元率を見て高いクレジットカードで買い物することこそ、ポイントをうまく活用する方法と言えます。もちろんその際には、貯めたポイントで何を得られるか確認しておきましょう。

 

クレジットカードを使うだけで年間数万円になるポイントは、決してバカにならないのです。
カードによってはポイントが失効するものもあるのでどのような扱いになっているか見ておきましょう。

 

月では数百円から数千円のポイントも、1年、5年、10年の期間で見れば
バカにならない金額になってくるのです。