借金地獄になりかねないリボ払い仕組みを理解せずに使うのは絶対にやめましょう。

リボ払いの危険性

クレジットカードを持っている人は聞いたことがあるはずです。
リボ払いと言う単語です。正確にはリボルビング払いと言うそうです。

 

クレジットカードの中にはリボ払い専用カードなるものもあります。
人に確実に説明できるぐらい詳細を把握していないのならリボ払いには絶対に手を出さないようにしましょう。金銭的に大きな負担になるだけでなく、借金地獄に陥る可能性すらあるのです。

 

 

そもそもクレジットカードの会社がどのように利益を得ているか知っていますか?

各種手数料を収入としたり、カード利用者が分割やリボ払いをする金利手数料が収入源なのです。特にリボ払いは会社の大きな利益になっているそうです。
つまり、それだけカード使用者の金銭的な負担が大きいのです。

 

リボ払い専用カードのポイント還元率が高いのは、それ以上に利益が得られるからです。
特典やポイント還元率に惑わされずに、リボ払いの仕組みを知識として持っておきましょう。

 

まず分割払いとリボ払いはまったく違うものです。

分割払いは指定した回数に分割して支払うことを意味します。
3万円の商品を3回払いにした場合、毎月1万円を支払う必要があります。
ここでさらに追加で6万円の商品を3回払いで買った場合、
1つ目の商品の金額と合わせて、毎月3万円を3回にわたって支払うのです。

 

次にリボ払いですが、これは毎月支払う金額を定額に決めておくものです。
この時、毎月支払う金額を1万円にしたとしましょう。
そして3万円の商品を購入すると、毎月定額に決めた1万円ずつ支払います。
さらに追加で6万円の商品を購入した場合、定額なので毎月1万円の返済で良いのです。
しかし、3万と6万の買い物により、返済は9ヵ月かかることになります。
つまり9ヵ月の間、借金している状態になるわけです。
借金しているのですから利子が発生します。
また支払う回数も増えるので手数料も増えてしまうのです。
リボ払いを続けてしまうと借金がかさみ、気づいたらどうにもならなくなる可能性があります。

 

ここでは低い金額の買い物を例に出していますが、これが数十万、数百万の買い物だったらどうでしょう?金利は決して笑えない額になるのです。
知識が無いならリボ払いは絶対にやめましょう。
お金が無いなら我慢するのが安全な道だと言えます。

 

キャッシングの危険性はこちら