海外ではカードの裏面に署名がないと買い物ができない場合があります。

クレジットカードの裏の署名は必ず書きましょう

 

クレジットカードの裏面に名前を書いてありますか?無記名の人は今すぐにきちんと名前を書いておきましょう。
クレジットカードの裏面に名前を書くのにはいくつか理由があります。

 

海外旅行などでクレジットカードを使う機会はとても多いです。
そのときにカードの裏面に署名がないと買い物ができない場合があります。クレジットカードは個人の信用を表す物であり、署名があるのが当たり前だからです。

 

また、パスポートと同時に提出しなければならない場合もあるので、同じ表記で記載しておくと海外での使用時に困ることが無くて良いでしょう。
国内でクレジットカードを使用する場合も、本来は店員さんがレシートに記載された筆跡とカードの筆跡を見比べて本人確認をしなくてはならないことになっています。

 

しかし、実際は筆跡確認をしている店員さんを見かけたことはありません。
しかし、定められたルールである以上、そのルールに乗っ取った使用をするべきでしょう。

 

クレジットカードの利用規約には「カードの裏の記名をすること」と定められています。
規約を守っていない以上、カードが盗難被害などにあい、不正使用などの損害被害が起きたとしても保証されない恐れがあります。署名が無いカードは本人確認ができないためです。

 

記入する名前は漢字でもひらがなでもローマ字でもかまいません。
記入した文字が消えないように油性マジックなどできちんと記入しましょう。
記載以外の場所に記入したり、間違えたりしないよう注意しましょう。

 

クレジットカードで購入した際の伝票への署名

最近はサインレスでお買い物ができる店舗も増えていますが、クレジットカードでお買い物した伝票は店舗側できちんと保管され、万が一不正利用されたときに筆跡鑑定等ができるようになっています。
署名方法はどんな形でもかまいませんが、必ず自分だと証明できるよう、毎回変更するのではなく統一した書き方にしておいたほうが良いでしょう。