良い商品が見つからない場合は、電子マネーやキャッシュバックの選択肢も模索してみましょう。

貯めたポイントの有意義な使い方

クレジットカードで買い物をして貯めたポイントを何に使うのか
せっかく貯めたポイントなのですから有意義に使用したいものです。

 

 

1つ目の選択肢はポイントと商品を交換するものです。

クレジットカード会社のホームページを見ればカタログが公開されているでしょう。
この中から欲しい商品を選ぶのですが、その際にお得なのか考えることが大切です。

 

例えば1万ポイントが溜まっていたとします。
還元率が1%だとすると、クレジットカードで年間約100万円使った計算になります。
毎月にすると約8万3千円程度です。
光熱費などの公共料金や税金、インターネット回線や電話代、すべてクレジットカードで支払えば超える金額でしょう。

 

では、この1万ポイントで交換できるものとして空気清浄機があったとしましょう。
あなたが欲しいものであれば問題はありませんが、どうせならより有意義な利用方法が無いか考えてみるべきです。

 

まず欲しい物の値段をインターネットで調べてみましょう。
同じタイプの空気清浄機がネットにて5千円で売られていたとしたらどうでしょうか?
1万円分に相当するポイントで5千円のものを買うのはもったいない感じがします。

 

欲しい商品は1つに限定せず、複数のあたりを付けておくと良いでしょう。

その後はネットで最安値を調べ、ポイントとの差額が一番少ないものを買うのが理想的です。
もちろん、差額ではなく自分が欲しいものを手に入れることも忘れてはいけません。
中にはポイント以上の価値のあるものをお得に入手できる可能性もあります。

 

 

良い商品が見つからない場合は、電子マネーやキャッシュバックの選択肢も模索してみましょう。

クレジットカードによっては商品交換以外の選択肢も用意されています。
無理して商品と交換するよりも電子マネーなどの現金として使用する方が良い場合もあります。
自分にとって何が一番有意義なのか、時間はたっぷりあるので探してみるのも良いでしょう。

 

ポイントを有効活用できれば、クレジットカードの特典を最大限に生かしたと自慢できます。

ポイント活用法