電子マネー機能でオートチャージして使った分だけお支払い。

電子マネー機能について

電子マネーイメージ

最近のクレジットカードは電子マネー機能を追加できるタイプが増えています。
キャッシュレス化によって電子マネーの需要が高まっていますが、事前チャージの場合は残高不足やチャージする手間などがネックになります。

 

クレジットカードの電子マネー機能は基本的に後払いチャージオートチャージによって、使った分だけカードの支払いと一緒に請求される流れになります。
クレジットカードを持っていれば電子マネーは必要ないと思うかもしれないですが、電子マネー機能があればサインや暗証番号不要。さらにサイフやパスケースごしにかざすだけで支払いができるので便利です。

 

オートチャージの場合はカード明細がチャージした金額しか印字されないので、コンビニや駅の売店などで細かい支払を繰り返しても明細が見にくくなりません。
クレジットカードによってはチャージすることでボーナスポイントが付与されるので、通常のカード払いよりお得に利用できる場合があります。

 

 

電子マネーのオススメはビュー・スイカカード

ビューカードの発行するビュー・スイカカードは、交通系電子マネーのSuicaとクレジットカードをセットにしたものです。
事前チャージ制ですが、残高が一定額を下回ると任意設定でクレジットカード払いでオートチャージできます。
クレジットカードに自動的に電子マネー機能が付いてきて、1枚で全て完結できます。

 

駅にある「VIEW」マークのついた多機能券売機から現金チャージすることもできますし、利用できる店舗も幅広いです。
クレジットカードチャージするとポイント3倍(0.5→1.5%)になるので、ポイント還元率も高くお得です。

 

さらに、貯まったポイントはSuicaにチャージして現金に近い形で利用できます。
Suica系カードは、自社サービスのビューSuicaカードがボーナスポイントが豊富で定期券のカード払いにも対応するなど、メリットが大きくて、電子マネーをよく使う人や電車通勤している人にオススメです。

 

 

楽天Edyカードもオススメ

楽天カードに楽天Edyを付けると買い物とチャージでそれぞれポイントが貯まります。(0.5%+0.5%で1%)
楽天カードなら残高が3,000円以下になると5,000円分オートチャージができます。
楽天Edyは幅広い提携カードで追加できますが、手動チャージは「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」をパソコンに繋ぐ手間が発生します。

 

 

後払い式電子マネーのiDカード

クレジットカードを活用した後払い式電子マネーではiDカードが人気です。
クレジットカードとは別に専用のiDカードが発行されて、利用するとカード払いで請求される仕組みです。
チャージをする手間が嫌いな人や、カード明細で利用履歴を細かくチェックしたい人にオススメです。

 

クレジットカードとは別に独立した電子マネーカードができるので、クレジットカードは財布。iDカードはスマホカバーやパスケースに入れて使い分けることも可能です。
もちろん、利用手数料、年会費、発行手数料無料で利用可能になっています。

 

iDカードの主な提携クレジットカード

イオンカード、dカード、セディナカード、OMCカード、クレディセゾン(セゾン系カード)、UCカード、三井住友カード、ゆうちょ銀行、ライフカードなど

 

 

おサイフケータイ、Apple Payでカードチャージする

クレジットカードの電子マネー機能を使わなくても、おサイフケータイApple Payなどのスマホを使った電子マネー機能でクレジットカードチャージをできます。
クレジットカード払いによる電子マネーを活用したい場合は、クレジットカードの付帯機能だけにこだわらず、スマホ関連のサービスとも比較検討しましょう。

 

クレジットカードを有効活用するなら、ポイントの貯まりやすさも考慮して利用する電子マネーを選んだり、複数に使い分けている電子マネーを集約させましょう。